風力発電って
投資に向いているの?

風力発電は羽の回転エネルギーを生かした発電方法です。言うなれば、自転車のライトの仕組みに似ていて、回転によるエネルギーが発電機に伝わることで電気が生み出されます。

実は風力発電、投資に最適なのをご存知ですか?その理由は日本政府が東日本大震災を機会に、再生可能エネルギーによる発電を推奨しているところに由来します。

震災直後に盛り上がった太陽光発電による電力買取。今現在、国による風力発電の買取価格が、太陽光のそれをはるかにしのいでいるからです。のちほど詳述しますが、風力発電機の建設費や年間維持費などコスト面を加味しても、風力発電投資の平均的な利回りは高く、今や注目を集める投資スタイルといえます。

風力発電の仕組みとは

風力発電設備の大きな羽がブレードと呼ばれるもので、風が当たることで回転します。ブレードの回転がナセルという本体装置に伝わり、さらにナセル内の倍速機によって回転数が増大。生まれた回転エネルギーが発電機に伝わって、ついに電力が生まれる…。これが発電までの一連の流れです。

風力発電は、効率の高い発電方法ともいわれています。なぜなら風力の運動エネルギーのうち、約4割が電気に変換されるからです。太陽光発電の変換効率でも10~15%と十分高いのですが、それに比しても風力発電の変換効率の良さがうかがえますよね。

風力発電の仕組みをもっと詳しく見る

風力発電投資のメリット・デメリット

風力発電にはさまざまなメリットがあります。まず風力というエネルギー源が無尽蔵なことを筆頭に、環境に優しい、四六時中稼働する、水陸どちらでも建設が可能、さらに上述した発電効率の高さなど、いろいろ挙げられます。

メリットがあれば逆にデメリットもあります。風の強さによって発電量が上下する面や、台風などの自然災害で設備が故障する可能性もゼロではないこと、設置する場所を確保するのが難しいなどなど。

ただ、風力発電にはデメリットを補ってあまりあるほどの魅力がたくさん。風力発電を知り尽くせば、投資もうまくいくことでしょう。

風力発電の投資についてもっと詳しく見る

風力発電の種類とは?

  • 洋上浮体式

    海上にある風力発電です。海に林立する風力発電設備を、テレビなどで見たことのある方も多いはず。陸と違って地形上の障害物がなく、陸上に比べても風力が強くて安定しています。

     

    洋上風力発電をさらに詳しく知る

  • 産業用

    売電を主な目的とする風力発電のこと。国による建設補助金ストップで建設数が停滞した時期もありましたが、電力の固定買取制度の施行を皮切りに目下、注目度は高まるばかりです。

     

    産業用風力発電をさらに詳しく知る

  • 家庭用

    家庭で使用する電力の足しとして、風力で自家発電するシステム。校庭や一般家庭の庭などに設置されています。家庭用風力発電のキットは、ホームセンターやネット通販などで入手可能です。

     

    家庭用風力発電をさらに詳しく知る

ライズデザインファクトリー画像引用元:http://www.rise-group-tokyo.com/wind/

産業用風力発電なら
ライズデザインファクトリー

  • 投資家の要望に応える「土地付き風力発電」のパイオニア。
  • 土地がなくてもできるパッケージ型風力発電の先駆け。土地付き風力発電の賃貸、また分譲販売を行っています。不動産業がルーツの会社でもあり、土地探しはお手のもの。
  • 早い時期から土地付き太陽光発電の分譲販売を手掛けており、投資家への迅速かつ質の高いサービスが期待できます。

ライズデザインファクトリーの公式サイトを見る

Looop画像引用元:https://looop.co.jp/

家庭用風力発電なら
Looop

  • 自然エネルギーを利用した発電キットを販売。
  • もともと太陽光発電キットを専門に販売していた会社ですが、2014年より風力発電キットの販売を開始しました。
  • 比較的大型のキットでもDIY対応なので、発電への知識がある程度あれば自作で設置・運用できます。もしキットを自作できなくても会社がアドバイスするので安心です。

Looopの公式サイトを見る

ゼファー画像引用元:https://www.zephyreco.co.jp/jp/

小形風力発電なら
ゼファー

  • 小形風力発電で日本のみならず世界でも屈指の実力を誇る。
  • 小形風力発電と産業用風力発電と両方手掛けています。システムの製造・販売については、日本のみならず世界のリーディングカンパニーと位置づけられています。
  • 特に風力発電設備の耐久性では高い評価を受けており、大手企業の世界的プロジェクトにも参画経験があります。

ゼファーの公式サイトを見る

※このサイトは、個人が調べた情報を基に公開しているサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
ページトップ