風力発電以外の再生可能エネルギー投資と比較

今注目の風力発電投資。その風力は数ある「再生可能エネルギー」発電のうちの一つ。他にどのような発電投資があるのでしょうか?一つひとつ説明していきます。

風力発電以外の「再生可能エネルギー」発電

主な再生可能エネルギーには、風力発電以外に太陽光発電、地熱発電、バイオマス発電、水力発電などがあります。それぞれの発電方法における投資価値について考察しています。

太陽光発電の投資

再生可能エネルギー投資を考えている事業者にとって、最初に浮かぶのは太陽光発電でしょう。

安定的な太陽光が得られる場所を確保できれば、魅力的な投資ではあります。懸念されるのは固定買取価格が年々下がってはいますが、建設費用などの初期コストも下がっているので、まだ投資価値は高いと判断している事業者が多いようです。

地熱発電の投資

地中の自然熱を利用してタービンを回転させ発電するシステム。国内では1966年から実用化が始まっています。

プレートに囲まれた日本は世界三大地熱大国に数えられ、地熱発電が盛んになる潜在性は十分にあります。ところが、地熱発電所はまだ国内に20カ所ほどしか建設されていません。地熱発電投資には様々なハードルがあることを物語っています。

バイオマス発電の投資

木材や廃油など、本来廃棄すべき生物資源を活用して発電するシステム。燃焼・発酵などを経て電力をつくり出します。

現在のところ、まだ発電所システムの建設コストが高い問題がありますが、一方で多くの企業が乗り出してきたのも事実。資源は安く、無尽蔵とも言われています。

水力発電の投資

自然、または人工的な水の流れを利用して発電するシステム。巨大なダムの下方に設置されている本格的な水力発電設備もあれば、用水路に設置されている小さな農業用水車もあります。発電効率は非常に高いのですが、発電量が小さいのが難点。建設コストも高く、投資用としては問題が山積しています。

※このサイトは、個人が調べた情報を基に公開しているサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
ページトップ