投資信託

再生可能エネルギーと一般的な投資との違いは何でしょうか。投資信託のメリット・デメリットや想定利回りについて、詳しく解説していきます。

投資信託のメリット・デメリット

投資信託とは、運用のプロにお金を預けて運用してもらうこと。運用のプロは「ファンドマネジャー」と呼ばれます。

どんな趣旨で投資が行なわれるかによって、投資信託は別々の商品として販売されています。安全性重視型、ハイリスクハイリターン型、外国株式型などなど、過去に商品化された投資信託は星の数ほどあります。

投資家は、自分の目的に合った商品を選んで資金を投入します。満期はありますが、多くの投資家は途中売却をするのが一般的です。

◆投資信託のメリット

プロに運用を任せられる点が最大のメリットです。

株式相場や債券相場を一般投資家が分析しても限界があり、儲かるかどうかは結局、運によるところが大きいと言えるでしょう。

その点、投資信託は運用のプロに任せられることで、勝率は上がると考えられます。

◆投資信託のデメリット

購入時や売却時、または運用中における手数料が高い点がデメリット。また、軟調相場の時期は、ファンドマネジャーがどんなに頑張っても値上がりは難しいとされます。

◆想定される利回り

商品の趣旨によって、想定利回りは変わってきます。株式積極投資型であれば、利回りは想定できません。国内債券型であれば、概ね1.5%程度です。

再生可能エネルギーと投資信託を比較

それでは両者を比較することにしましょう。

◆投資信託のメリットと再生可能エネルギーのメリットを比較

投資信託は運用をプロにお任せする形で、再生可能エネルギーは運用を太陽光や風にお任せする形です。素人の力が及ばない点において、ともに現状で可能な最良の運用をしていると考えるべきでしょう。

◆再生可能エネルギーは投資信託のデメリットをカバーしているか

投資信託の各商品の趣旨によっては、まったく違った性格の運用をしているため、再生可能エネルギーと一概には比較できません。

株式型の投資信託に比べれば、再生可能エネルギー投資のほうが安全性は高いでしょう。一方、国内債券型の投資信託に比べれば、再生可能エネルギー投資のほうが安全性は低いと言えます。

◆想定利回りで比較すると?

  1. 株式積極投資型の投資信託で、かつ上昇相場での運用を前提にした場合でも、手数料などを差し引いた想定利回りは平均10%前後と考えます。海外株式型であれば、為替利益も加算されて年利20%を超えるものもあるかもしれません。
  2. 一方、風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギー投資の場合は、10~20%程度の安定的な利回りが想定されます。

◆まとめ

利回りの安定性を重視する人には、再生可能エネルギーのほうが有利と考えられます。

※実際にどちらが有利かは、様々な状況によって変わります。

※このサイトは、個人が調べた情報を基に公開しているサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
ページトップ