一般的な投資と比較

ここでは太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギー発電投資と、いわゆる一般的な投資とで比較検討し、特徴や利回り、そしてどちらが有利なのかを考察していきます。

再生可能エネルギー投資VS.一般的な投資はいかに?

◆株式投資

株式を購入することで、配当金と売却益が期待できます。

相場全体が上昇している時期や、購入した株式にプラスのサプライズがあった時には、大幅な利益を獲得する可能性もあります。

ただし、相場全体が下降している時期や、購入銘柄にマイナスのサプライズが起こった場合には、上と逆の結果となります。

◆国債投資

国が発行する債券を購入し、金利を得ることができます。国の財政が破綻しない限り、元本は保証されます。

固定金利国債であれば、満期まで金利も保証されます。安全性は抜群ですが、年間の利回りが1%を超える日は、まだまだ遠いのではないでしょうか。

◆投資信託

ファンドマネジャーと呼ばれる運用のプロにお金を預けて、運用してもらう金融商品です。分配金や売却益が期待できます。

ただし、買付や運用、売却といった手数料が高く、実質利回りを圧迫します。また、いかに運用のプロとはいっても、相場全体の動きには逆らえません。下落相場でも勝ち続けられる投資信託は、ほとんどお目にかかりません。

◆不動産投資

家賃収入や売却益を目的として、マンションやアパートなどを買うこと。常に満室をキープしていれば、安定的な収益が期待できます。また、地価上昇によって売却益を得ることも可能です。

一方、満室を維持することの難しさや、不安定な地価相場など心配事は尽きません。

以上4つの投資方法と、再生可能エネルギー投資とを徹底比較し、それぞれの特徴やメリット・デメリット、利回りなどについて解説していきます。これから投資を考えている方の参考になりますので、ぜひご覧くださいね。

※実際にどの投資が有利かどうかは、様々な状況によって変わります。あらかじめご了承ください。

 

※このサイトは、個人が調べた情報を基に公開しているサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
ページトップ