不動産投資

再生可能エネルギーと一般的な不動産投資とを比べて、不動産投資のメリット・デメリットや両者の違いを詳しく解説していきます。

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資とは、家賃収入や売却益の獲得を目的として不動産を購入すること。マンション投資の場合は、建物丸ごとに投資をする一棟買いや、部屋単位に投資をする区分買いなどがあります。

◆不動産投資のメリット

満室をキープしている間は、安定的に家賃収入が入ります。また一般に、不動産仲介業者が融資交渉を助けてくれるため、自己資金が少額でも投資を始められるメリットがあります。

◆不動産投資のデメリット

満室を維持することは容易でありません。物件を魅力的にするための日々の努力が必要です。また、入室率を維持するためには、家賃の値下げを余儀なくされることもあります。

さらに、売却時に地価が下落していた場合には、想定以上の損失を被ることもあります。

◆想定される利回り

満室を想定した場合、平均的な実質利回りは5~6%と考えられています。

再生可能エネルギーと不動産投資を比較

それでは両者を比較してみましょう。

◆不動産投資のメリットと再生可能エネルギーのメリットを比較

満室をキープできればという但し書きのもとの話ですが、安定的な収入が見込める点では、再生可能エネルギー投資と同じメリットを持つと考えてよいでしょう。

銀行からの融資の受けやすさでは、一般に不動産投資のほうが上と考えられます。

◆再生可能エネルギーは不動産投資のデメリットをカバーしているか

再生可能エネルギー投資には、不動産投資における「満室にするための日々の努力」は必要ありません。

また再生可能エネルギーでは、政府による固定買取制度によって、期間(20年など)の確定した家賃収入のようなものが保証されているので、不動産でいう「空室リスク」は当面ありません。

売却時の想定外の損失は、不動産も再生可能エネルギーも条件は同じです。

◆想定利回りで比較すると?

  1. 単純に利回り自体を比較した場合、不動産投資に比べて、再生可能エネルギー投資の収益率は2倍以上になると考えられます。
  2. また、再生可能エネルギー投資では、優遇税制や助成金も利用できるので、利回りとは別の、実質的な収益の上乗せが期待できます。

◆まとめ

利回りや収益の安定性、不労所得性、優遇税制など、あらゆる観点から考えて、不動産投資よりも再生可能エネルギー投資のほうが有利と思われます。

※実際にどちらが有利かは、様々な状況によって変わります。

※このサイトは、個人が調べた情報を基に公開しているサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
ページトップ