WIND-SMILE

社歴は浅いものの、再生可能エネルギーに特化した事業で定評のあるWIND-SMILEの製品の特徴について調べています。

日本有数の小形風力発電メーカー

WIND-SMILEは、再生可能エネルギー事業を行う日本のメーカー。設立が2007年の比較的若い会社です。

事業の中心は太陽光発電。システムの設計をはじめ、発電設備の施工や施工管理、販売、そして各種の申請代行までワンストップで請け負っています。太陽光発電を検討中の事業者に対しては、コンサルタント業務も提供しています。

風力発電事業では、小形風力発電システムが好評です。最新の航空工学を取り入れた回転効率の良さが評判です。現在、東京都や福島県、大阪府、大分県、島根県など、国内各地にWIND-SMILE製の風力発電設備が設置されています。

ちなみに、東京・調布の味の素スタジアム前に立つ風力発電設備は同社製です。

近年、マスコミなどでも注目されているバイオマス発電事業にも参入を開始しました。まだ大きな施工事例は公表されていませんが、バイオマス発電も電力の固定買取制度の対象なので、今後の事業展開には注目です。

◆風力発電機の製品特徴

WIND-SMILEは、小形発電機を扱っています。小形ながら回転効率が非常に高く、微風でもよく回ることが製品の特徴です。

通常、風車は「揚力」か「抗力」のどちらかを利用して回転しています。WIND-SMILE製の小形風力発電機は、これら「揚力」と「抗力」のどちらも取り入れることに成功しました(特許取得済み)。簡単にいえば、風を2回使えるシステムを開発した、ということです。

秒速1mという微風でも起動する繊細さと、強風にも耐える強靭さを兼ね備えた設計です。風車以外の構造はいたって単純で、しかも本体が軽量のため、運搬も施工もメンテナンスも、非常に容易。施工費用も安く済むと好評。

サイズは、庭などの狭いスペースにも設置できる程度。羽の素材はアルミやチタンを採用しており万が一、雷が落ちても損傷は軽く済むようになっています。鳥類などが羽にぶつかる事故もほぼ回避できる独自設計なので、生態系にも優しい風力発電機です。

◆基本情報

会社名 株式会社WIND-SMILE
所在地 東京都江戸川区平井1-10-7
※このサイトは、個人が調べた情報を基に公開しているサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
ページトップ