注目を集める風力発電投資の魅力を徹底解剖  » 風力発電とは?風力発電の投資とは?

風力発電とは?風力発電の投資とは?

このカテゴリでは、まずは風力発電の仕組みやメリット・デメリット、かかってくる費用といった概要から紹介します。そのあとに風力発電の投資について、利回りや今話題の土地付き風力発電投資の「分譲型」の解説をしていきます。

風力発電を基本から学ぶ

●発電の仕組み

風力発電が発電する仕組みは、自転車のライトの仕組みに似ています。回転によるエネルギーが発電機に伝えられて、電気を作り出します。しかし自転車とは違い、スケールも発電量も巨大です。

●メリット・デメリット

風力発電には、環境に優しい点や24時間稼働できる点など、たくさんのメリットがあります。一方で風力の安定性や環境・景観の問題、設置場所の問題など、デメリットもあるのです。

●設置の条件

風力発電機は、どこに設置しても良いというものではありません。風量が安定していて、かつ送電線の存在する場所である必要があります。さらに建築基準法をはじめとした、各種の法令もクリアしなければなりません。

●かかるコスト

風力発電設備を稼働させるまでには、まず建設費用を見積もる必要があります。また、発電設備を維持させていくための運転コスト、さらに自然災害などによる不確定コストも見積もっておきましょう。

●風力発電の導入状況

日本で最初に浮力発電装置が作られたのは1888年。以来、100年以上も風力発電はほとんど普及せず、2000年前後から急速に建設が加速されました。2014年以降は建設ラッシュとも言える状況です。

●投資の利回り

いろいろある再生可能エネルギーの中では、風力発電がもっとも有利な買取価格となっています。将来的には建設コストや維持費が下がると予想されているので、さらなる利回りの向上が期待できそうです。

●分譲について

風力発電による売電を考えている人は、土地付き風力発電システムを一括購入する「分譲型」も検討してみたいところ。土地の用意の必要もなく、基本的には設備の管理を業者に一任できます。

●風力発電の将来

風力発電事業にはまだ課題があります。しかし、課題をクリアするほどの強い追い風が吹き始めていることも事実。特に政府による風力発電事業の推進政策は、強大な後押しになりそうです。

※このサイトは、個人が調べた情報を基に公開しているサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
ページトップ