分譲について

風力発電の投資のスタイルで、近年では分譲型や賃貸型が誕生しています。それらの仕組みやメリットなどを調べています。

土地付き風力発電~分譲型と土地賃貸型~

風力発電に関心はあるものの、資金的な問題や時間的制約のために実現が難しい方には、土地付き風力発電への投資がお勧め。土地と風力発電設備がセットになっている物件に対して投資をするシステムです。

土地付き風力発電はさらに、「分譲型」と「賃貸型」に分かれます。

「分譲型」は、風力発電設備のある土地をまるごと購入するタイプ。「賃貸型」は、購入ではなく土地の賃貸契約をするタイプです。

分譲型・賃貸型風力発電のメリット

分譲型・賃貸型の風力発電には多くのメリットがあります。代表的なものを4つ見てみましょう。

1.賃貸型は土地がなくても風力発電投資ができる

屋根や屋上に設置できる太陽光発電とは違い、風力発電には土地が必要なのが常識でした。しかし、賃貸型風力発電を利用することによって、土地がない人でも風力発電への投資ができるようになりました。

2.費用が安く済む可能性がある

分譲型などの土地付き風力発電は、仲介する業者が同じ場所にたくさんの発電機を設け、区分けして投資家に販売・賃貸するシステムも採用しています。

場所が同じということで全体的な建設費用が安く済み、なおかつ維持やメンテナンス労力も少なく済みます。スケールメリットによって、建設費用とランニングコストの単価が少なくなるため、その分が投資家へ還元されて実質負担費用が安く済む可能性もあります。

3.設備の管理を一任できる

分譲型の風力発電を購入した場合、その管理は投資家自身が行う必要はありません。基本的には工事業者や管理会社がアフターフォローを行います。投資家は、基本的に売電収益だけを気にしていれば良いということになります。

4.国の減税制度を利用できる

分譲型風力発電を購入する場合でも、自分で風力発電設備を建設する場合でも、投資家自身による設備投資である点には変わりありません。そのため、分譲型への投資においても、国が用意している生産性向上設備投資促進税制が適用されます。節税対策や財務戦略には、この制度が非常に有効です。

分譲型風力発電の売電システム

分譲型風力発電は全量買取制度を採用することになります。発電した電力の全てを電力会社に買い取ってもらう制度です。

現在、20kw未満の風力発電設備の買取価格は55円/kw、買取保証期間は20年となっており、他の再生可能エネルギー(太陽光、地熱、水力、バイオマスなど)に比べて大きく優遇されています。

風力発電投資の魅力が明らかに!詳しくはこちら>>

※このサイトは、個人が調べた情報を基に公開しているサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
ページトップ