注目を集める風力発電投資の魅力を徹底解剖  » 風力発電投資で節税できる税務について

風力発電投資で節税できる税務について

風力発電を設置するには費用が必要です。今注目を集める風力発電に対して、国も地方自治体も全面的なバックアップ体制を敷いています。節税に役立つ優遇税制や様々な買取制度、補助金・助成金について詳しく解説していきます。

風力発電に関わる税務上の優遇措置

・生産性向上設備投資促進税制とは

設備投資に対する税制優遇措置の一つで、条件を満たすことによって風力発電設備も対象となります。取得費用の即時償却や税額控除など、どの措置を選択するか事業者が選びます。

・グリーン投資減税とは

風力発電や太陽光発電への設備投資をした事業者を対象とした制度。取得費用の即時償却や7%の税額控除を選択することができます。即時償却は、太陽光はすでに廃止となりましたが、風力は延長中です。

・即時償却と税額控除とは

設備の取得費用を初年度に一括で償却できる「即時償却」と、実質的に税金の額を減らすことのできる「税額控除」。どちらが有利かは、事業者の財務戦略によって異なります。

・中小企業投資促進税制とは

中小企業限定の優遇措置で、30%の即時償却と7%の税額控除、どちらかを選択することができます。選択する基準は、事業者がどのような財務戦略を描いているかです。

・全量買取制度と余剰電力買取制度とは

再生可能エネルギーのうち、発電したすべての電力を売電できる制度が「全量買取制度」、自家用などで使った後に余った電力を売電できる制度が「余剰電力買取制度」です。

・固定価格買取制度とは

再生可能エネルギーで発電した電力について、電力会社が固定価格で買い取るよう義務化した制度です。事業者にとっては、発電した分だけ必ず収益になるメリットがあります。

・風力発電の補助金とは

国による風力発電建設費の補助金は打ち切られましたが、地方自治体単位では非常に多くの補助金・助成金制度が実施されています。

※このサイトは、個人が調べた情報を基に公開しているサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
ページトップ