注目を集める風力発電投資の魅力を徹底解剖  » 規模によって変わる風力発電3つの種類

規模によって変わる風力発電3つの種類

風力発電は規模別に大きく3種に分類されます。ここでは各風力発電の特色やメリット・デメリット、規模によって異なってくる用途、現状や将来性、課題について詳細に解説していきます。

3種類に大別される風力発電

風力発電と一口に言っても、用途や規模によって様々なタイプに分かれます。このカテゴリでは、風力発電を3つのタイプに分類します。

◆洋上風力発電

洋上風力発電とは、洋上すなわち海の上に設置した風力発電設備のことをいいます。

洋上は陸上とは違い、地形上の障害がありません。風況調査をしっかりすれば、年中安定的に強風を得られる場所を特定することが可能です。

現在、日本では沖合の巨大な洋上風力発電を実用化すべく、産学官連携で研究・実験に入っています。2030年代には実用化される見通しで、実用化されれば日本の風力発電事情は大きく変わると予想されています。

◆家庭用風力発電

家庭用風力発電とは、家庭で使う電力の足しとして、庭や畑などに設置する風力発電機器のことをいいます。

風が安定的に吹いている土地を所有していれば、設置することで家庭の電力の足しになります。ただし発電量は少なめなので、家中の電力をすべて賄うことは少々難しいでしょう。ちなみに、家庭用風力発電でつくった電力は固定買取価格の対象となりません。売電はできませんので注意しましょう。

◆産業用風力発電

家庭用風力発電に対して、もっぱら売電を目的とした事業系の風力発電装置を産業用風力発電と総称します。

洋上浮力発電も、広義では産業用風力発電に含まれます。政府による固定買取価格制度の恩恵を受け、現在は多くの場所で産業用風力発電設備の建設が加速しています。

産業用風力発電には課題はあるものの追い風が強いため、「ポスト太陽光発電」として地位が逆転する可能性も視野に入ってきました。

※このサイトは、個人が調べた情報を基に公開しているサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
ページトップ